天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

query_builder 2021/08/12
ブログ

整体で不眠などのを克服しませんか?


前回は寝るときのエアコンについてお話させていただきました。


今回は眠るときの布団についてお話させていただきます。


【眠れないときはふとんから出る】

不眠の人は、ふとんに入ってから「寝よう、寝う・・・」と頭で強く考え、興奮状態になってしまいます。するといつの間にか「眠れない、眠れない・・・」となり、よけいに頭が冴えるというように、悪循環に陥ってしまうのです。また、「7時間は絶対に寝なければ」など、睡眠時間へのこだわりが強く、眠くなくても時間になるとふとんに入る人もいます。


ふとんに入ってもなかなか眠れないときは、思い切ってふとんから出てしまうのをおすすめします。「寝なければ」という思いを一度忘れ、本を読んだり、好きなテレビを見たり、温かい飲み物を飲んだりして眠くなるのを待ちましょう。ふとんの中でスマートフォンをいじったり、ゲームをしたりするのはおすすめできません。


大切なのは、「眠れない!」とイライラしたり、焦ったりしないことです。イライラや焦りは自律神経の交感神経を優位にし、ますます眠れなくなってしまいます。「眠くなるまで起きている」「眠くなったらふとんに入る」という単純な気持ちで、ゆったりと構えましょう。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

続きは次回に書かせていただきます。


問い合わせや質問があれば、問い合わせフォームや問い合わせフォーム内にあるLINEから受け付けていますので、お気軽にご利用ください。


NEW

  • 天王寺でアトピーでお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/20
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/16
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/12
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/09
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/05

CATEGORY

ARCHIVE