天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

query_builder 2021/08/09
ブログ

整体で不眠などの自律神経症状を克服しませんか?


前回は寝るときの服装についてお話させていただきました。


今回は寝るときのエアコンについてお話させていただきます。


【寝るときの冷房はつけっぱなしに】

高温多湿の夏は、寝るときもエアコンを上手に利用しましょう。タイマーを使う人もいますが、そうすると途中で気温が上がり、目が覚めてしまいます。温度は27度程度に設定し、朝までつけっぱなしにしましょう。


注意してほしいのは、エアコンの風を直接からだに当てないことです。風が当たると、目が覚めたときにからだがだるくなったり、のどが痛くなったりしてしまいます。


冬も適温を保つことは大切ですが、暖房の使いすぎに注意しましょう。つけっぱなしにして寝ると、深部温が下がらず、睡眠の質が下がってしまいます。余計に頭部内熱がこもってしまいますので注意してください。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

続きは次回に書かせていただきます。


問い合わせや質問があれば、問い合わせフォームや問い合わせフォーム内にあるLINEから受け付けていますので、お気軽にご利用ください。


NEW

  • 天王寺でアトピーでお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/20
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/16
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/12
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/09
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/05

CATEGORY

ARCHIVE