天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

query_builder 2021/08/05
ブログ

整体で不眠などのを克服しませんか?


前回は寝具についてお話させていただきました。


今回は寝るときの服装についてお話させていただきます。


【寝間着と部屋着を一緒にしない】

寝るときの服装は、部屋着と一緒にせず、パジャマを着るのがおすすめです。着替えることで睡眠モードへ切り替えることができます。人は、寝ている間にたくさん汗をかきますので、汗が蒸発しやすい綿などの素材がいいでしょう。寝ている間にからだを動かして疲労を解消させるため、からだを締め付けないものが理想です。


冷え性などで、靴下を履いて寝る人がいますが、これはおすすめできません。人は、手足から熱を放出することで深部温を下げ、深い睡眠へと入っていきます。靴下を履いていると、眠りが浅くなってしまうのです。冷えが気になる人は、寝る前に足湯をしたり、レッグウォーマーで足首を温めるのがいいでしょう。


【夜になったら照明を暗くする】

起きてすぐに朝日を浴びることで、体内時計がリセットされると述べましたが、夜は照明を暗くすることで、体内時計をはたらかせることができます。明るい照明で寝ると、睡眠を促すメラトニンというホルモンが分泌されにくくなり、睡眠の質が下がります。


寝るときは真っ暗にするか、足元に間接照明を使いましょう。目に光を当てないように気をつけます。また、寝る前にスマートフォンを見ることは、体内時計に悪影響を与えますので避けましょう。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

続きは次回に書かせていただきます。


問い合わせや質問があれば、問い合わせフォームや問い合わせフォーム内にあるLINEから受け付けていますので、お気軽にご利用ください。


NEW

  • 天王寺でアトピーでお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/20
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/16
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/12
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/09
  • 天王寺で不眠でお困りの方は整体院巡庵へ

    query_builder 2021/08/05

CATEGORY

ARCHIVE